夏は沖縄や離島へ

僕の記事なんか読まなくたって、私はすぐに島に旅立つぞ!!!という方、は下記サイトへどうぞ。

住み込みで働ける!
リゾートバイトならアルファリゾート!

沖縄の話を書こうとすると、懐かしさや少しの後悔のようなものなど様々な感情が湧いてします。僕は各地を転々としながら、常に次の土地を目指してきましたが、一度だけ本当に住んでいた土地に居着こうかと迷った時期がありました。それは、この沖縄でした。実際に居着いてしまった友人も何人かいます。なんだか「旅人ホイホイ」って感じですw

青い空・青い海・気持のよい暑さこれだけで、なんだか満足な毎日でした。寮から徒歩1分以内で海に出ることができました。毎日、起きて外に出るだけで、非日常的な圧倒的に美しい景色が広がっていました。職場までは自転車で15分程度、その間、ずっと左手に美しい海を見ることができます。僕自身はそれだけで十分に満足でした。

寮にはロビーがあり、毎晩そこに人が集まりました。ちなみに僕は仕事が終われば、ほとんど毎晩ロビーに行きましたw時にはそこにいたメンバーで遊びに出かけることもありました。バーに行く、カラオケに行く、なんとなく海に行ってみる、楽器を片手に海へ行くなど、結構適当なノリだけで過ごしていたように思います。

もちろん日中は海で泳ぐこともできますし、ひとによってはダイビングやシュノーケルなどのマリンスポーツにハマる人もいました。

青い海・青い空・赤いハイビスカス
北谷アメリカンビレッジ
休みの日はよく友達と出かけました。写真は北谷(ちゃたん)のアメリカンビレッジです。アメリカの文化と隣り合わせであることも沖縄の魅力の一つです。場所によっては日本人よりもアメリカ人の方が多いような場所もあります。本当にここは日本か?と思ってしまいます。海と空に飽き、ちょっと刺激が欲しくなったら、こういう場所にくれば、ショッピング・グルメ・エンターテイメント、たいがいの欲求は満たせます。

旅というより、観光向けの話題になってしまいますが、沖縄はいろいろ狭い範囲にいろいろあり過ぎて、飽きることがないです。海はきれいだし、そこらじゅうにアメリカの食べ物は売ってるし、アメリカンなショッピングを楽しめる施設もあるし、沖縄の食べ物屋さんもそこらじゅうにあるし、ここで開発されたタコライスなんて食べ物もあるし、日本三大がっかりの首里城守礼門はあるし、ギネス認定の美ら海水族館はあるし、南の方に行けば戦争跡地はあるし音楽は盛んだし……

(書きながら、沖縄に行きたくなってきた……)

さて、そんな素敵な沖縄です。興味の湧いた方はぜひ行ってみてください。絶対に後悔することはないです。ただし、2度と帰って来れない可能性はあります
↓  ↓  ↓  こちらからどうぞ  ↓  ↓  ↓